【 執り成しの祈り 】

ある夜のこと、主は幻の中でパウロにこう言われた。「恐れるな。語り続けよ。黙っているな。わたしがあたなと共にいる。だから、あなたを襲って危害を加える者はない。この町には、わたしの民が大勢いるからだ。」使徒18:9,10
Now the Lord spoke to Paul in the night by a vision, “Do not be afraid, but speak, and do not keep silent;”for I am with you, and no one will attack you to hurt you; for I have many people in this city.”(NKJV)Act18:9,10  
信仰をもって生きるために、神様に従いその働きを成し遂げるために、私たちは多くの祈りを必要とします。特別な選びを受け、主の僕として力ある働きをしたパウロもまた当然祈りを必要としました。この重要性を知っていた彼は「わたしのために祈って欲しい」と教会に度々手紙を送りました。そして、そのような背後の祈りがあるからこそ、彼は苦難の中でも「恐れるな。語り続けよ。黙っているな。」と、主の御声を聞くことが出来たのではないでしょうか。教会の執り成しの祈りは宣教の働きを前進させ、様々な試練の中にある者たちに助けを与え、良き知恵を与え、「わたしがあなたと共にいる」との主の語りかけを聞く力となるのです。祈り:愛する天のお父様。教会の祈りが神の国の一部分となり、愛する者たちに繰り返し主の栄光が現わされますように、今日も私たちの祈りを励ましてください。
Posted in 今日のみ言葉.