礼拝時間が変わりました!

今日のみ言葉

【 いつも主の愛に立ち帰って生きる 】

「彼らが苦しむときには、いつも主も苦しみ、ご自身の使いが彼らを救った。その愛とあわれみによって主は彼らを贖い、昔からずっと、彼らを背負い、抱いて来られた。 」イザヤ 63:9
In all their affliction He was afflicted,And the Angel of His Presence saved them;In His love and in His pity He redeemed them;And He bore them and carried themAll the days of old. (NKJV)Isa 63:9
私たちの主は、なんと慈愛に満ちておられるお方でしょうか。私たちが悩み苦しむとき、上からそれを眺めているようなお方ではなく、ご自身も共に苦しみ、助けを起こされるお方です。逃れの道を与えてくださるお方です。昔からずっと私たちを背負い、そして永久に抱かれるお方です。しかし、私たちはどうでしょうか。続く10節には「しかし、彼らは逆らい、主の聖なる御霊を痛ませたので、主は彼らの敵となり、みずから彼らと戦われた。」と、あります。イスラエルの民は、そのようなお方を捨て離れて行きました。この世には、神の慈愛から引き離そうとする力が激しく働いています。不信仰は密かに私たちの内に忍び込んで来ます。イスラエルの民の姿は決して他人ごとではありません。今朝、私たちは自らを御言葉に照らし、神の愛に立ち帰って生きる者となりましょう。祈り:主よ、あなたはイスラエルの姿を私の内にも見ておられます。誘惑にさらされ、私の心が静かにあなたから離れて行くとき、どうか先延ばしにすることなく速やかにあなたの愛に立ち帰り、悔い改めることが出来ますように私を守ってください。

教会案内