【 我々の 】

まことに彼はわれわれの病を負い、われわれの悲しみをになった。しかるに、われわれは思った、彼は打たれ、神にたたかれ、苦しめられたのだと。イザヤ 53:4
“But he endured the suffering that should have been ours, /the pain that we should have borne. /All the while we thought that his suffering /was punishment sent by God.(TEV)Isa 53:4
イエスが負い、そして担われたのは、”われわれの病”  ”われわれの悲しみ”である。この「われわれの」が我々の信仰生活から遠ざかって行くとき、信仰は我々を救う力とならず、外側だけの礼拝、賛美、格好ばかりの祈り、実を結ばない信仰生活となる。やがて、「イエスが打たれたのは、神にたたかれ、苦しめられたからで、私とは関係がない。」と、我々は思うようになってしまうのである。神の御力はイエスの十字架が「われわれの」救い、「われわれの」贖いであることを心から信じ告白するところに、事実、力を持って臨んでくる救いなのである。祈り:愛する主よ、様々な試練の中で「まことに彼はわれわれの病を負い、われわれの悲しみをになった。」と、十字架を仰ぐ信仰を与えてください。どうか苦しみのなかで独りよがりになることなく、今日も「われわれの」苦しみを負って立っておられるあなたと出会い、十字架よりくだる永遠の命、復活の力を得、イエス・キリストの救いと恵みを宣べ伝える者とならせてください。
Posted in 今日のみ言葉.