【 賛美を捧げます 】

「われらに賜わるそのいつくしみは大きいからである。主のまことはとこしえに絶えることがない。主をほめたたえよ。」 詩編 117:2 
“For His merciful kindness is great toward us, And the truth of the Lord endures forever.Praise the Lord ! “(NKJV)Psa 117:2 
 
詩編が書かれた多くの背景には、人生の順風満帆のときではなく、むしろ苦しみや悲しみ、災い、悲劇的な出来事が起こっています。しかし、詩編の作者たちは皆、人生に起こる試練の中でその現実から離れてではなく、その苦難の直中で神様の助けを信じ、慈しみを求めながら賛美を捧げています。物事が上手くいったからではなく、苦しみが去ったからではなく、人生の嵐の真っ只中で神様の永久に変わることのない真実に目を向け、神様を賛美しています。そこに、賛美の力があります。賛美を捧げるときサタンの力は退いて行きます。祈り:愛する主よ、苦しみが過ぎ去るようにではなく、試練の直中で、あなたの愛を体験することを得させ、今日、私の口に新しい賛美をお与えください。慈しみ深い主の御名によって祈ります。
Posted in 今日のみ言葉.