【 主の恵み深さを味わう 】

あなたがたは、主が恵み深い方だということを味わいました。 一ペトロ 2:3  

 if indeed you have tasted that the Lord is gracious.(NKJV)1Pet  2:3
英語には「if」という言葉がついています。「もし」ということは、もしかしてある人々は主の恵み深さを味わっていないということがあり、もしくは味わったけれども主の恵み深さを忘れ生活をしていることがあることを意味しています。私たちはどうでしょうか。今朝、私たちの心は主の恵み深さを味わった喜びに感謝し、新しい一日、主への大きな期待で溢れているでしょうか。一度味わったものは忘れることができません。主と出会いその恵みにあずかったものは、霊も肉もその感動を覚えています。しかし、「もし」私たちの心が喜びも感謝も無く、不平不満で溢れているとするなら、私たちは今日、生活の直中で主の恵み深さを思い起こすことができるようにと、聖霊様に祈り求めましょう。祈り:愛する天のお父様。私たちを憐れんでください。日々の生活の中で起こる様々な出来事に覆われて、あなたの恵み深さを容易く忘れてしまいます。聖霊様を送り、私たちにあなたの恵み深さを味わった感動を思い起こさせくださり、救いの喜びに生きることができますように。あなたに魂いっぱい賛美を捧げることができますように。
Posted in 今日のみ言葉.