【 父の痛み 】

「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。」ヨハネ 3:16 
 “For God so loved the world that He gave His only begotten Son, that whoever believes in Him should not perish but have everlasting life.”(NKJV)Joh 3:16
父なる神の愛は、罪人の救いのために自分の愛する独り子を差し出されるほどの愛です。父なる神は、自分に敵対し反抗する者を救い永遠の命を与えるために、自身が痛みを負うことを願われました。「われなにをもちてこれに応えん」(新生讃美歌300「罪赦されしこの身をば」)今日から受難節に入りました。イエス・キリストの十字架に現わされた父なる神の愛に、心を注ぐ日々でありますように、祈り求めて行きましょう。
Posted in 今日のみ言葉.