【 イエスはその一人ひとりを 】

「日が暮れると、いろいろな病気で苦しむ者を抱えている人が皆、病人たちをイエスもとに連れて来た。イエスはそ一人一人に手を置いていやされた。」 ルカ 4:40 
When the sun was setting, all those who had any that were sick with various diseases brought them to Him; and He laid His hands on every one of them and healed them.(NKJV)Luk 4:40 
 
私たちが人生で遭遇する様々な出来事、病、苦しみ、悲しみ、痛み、それらは全てひとりひとりに起こり、そこで戦いはどれ一つとっても同じもはありません。小さなことも大きなことも、それらは常にひとりひとりが負うもとして、神様許しもとに起こった事件です。その重たさに悩まされているとき、「私がこんなに苦しんでいるに、誰も分かってくれない。」と、他の人に不平不満が出て来ることがあるかもしれません。けれども、ひとりひとり苦しみはそ苦しみであり、それを知るはただ主なる神様だけなです。そして、全知全能なる主はひとりひとりに手を置いて癒されます。祈り:愛する天のお父様。あなたは今日も生きておられ、私たちひとりひとりを特別に愛し心を配ってくださるお方です。あなたを信頼し、試練の中であなたを求め、あなたと出会うことが出来ますようにお導きください。
Posted in 今日のみ言葉.