【 収穫にあずかる 】

「労苦している農夫こそ、最初に収穫分け前にあずかるべきです。わたし言うことをよく考えてみなさい。
主は、あなたがすべてことを理解できるようにしてくださるからです。」二テモテ2:6、7
 
The farmer who has done the hard work should have the first share of the harvest.
Think about what I am saying, because the Lord will enable you to understand it all.(TEV)2Tim 2:6,7
 
信仰は神約束を信じ、神時を待ち望むことです。しかし、誰にとっても忍耐時期は容易いことではありません。けれども、農夫は収穫前に土を掘り返したら良い作物を得ることが出来ないことを知っています。その期間により、作物はしっかりと大地より栄養を取り、やがて美味しく実ります。忍耐を通して、私たちは神の心を良く理解出来るようになり、どんな嵐の日にも耐え得る信仰が育ちます。労苦中でそ時を待ち望んでいた農夫は、最初に分け前にあずかる者とされました。そ時、農夫は収穫を待った時間は何一つ無駄でなかったことを知り業を褒め称えるでしょう。祈り:愛する天のお父様。今日も全ての出来事を通して、あなたを信じることを学ばせてください。あなたに寄り頼むことを教えてください。時が来れば実現するあなたの御約束に生きる幸いを得させてください。
Posted in 今日のみ言葉.